H A T C H
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|  | - | - | - |
HIGH LINE RECORDS 10th ANNIVERSARY@Zepp Tokyo

  

(BUMP OF CHICKENのみメモ)

シークレットの話はちょろりちょろりと聞いていて
あんまり期待せんようにしつつ会えたらいいなーと思ってました
転換のときに出てきたドラムをみて期待は確信にかわって
時計やら指輪やらネックレスやら全部ポケットにつっこんで
前ブロックへするりするり潜入
 
転換中まわりの反応はいろいろで
あのひとは知ってるんだろなーと思うひとや
えー誰だろーランクっぽくないよねーなんて声や
でてきた水色のベースをみて目を見開いて泣きそうな表情になったひと
2階席をみあげれば出演者が続々と関係者エリアに勢ぞろいで
これからはじまる瞬間を思うと もう!
心臓が口からコンニチワしそうな状態だったです
 
落ち着いていられるわけもなく
クイックワンを聞いたらやっぱり泣けてきてしまった
やっぱりこの瞬間をすごくすごく待っていて
こうやってまた会える日をこころから楽しみにしてたんだと思うよ
 
悲鳴みたいな叫び声とエ?何?誰?の混乱した声で騒然
スモークの中から手を挙げた4人がでてきたら一層歓声が大きくなって
人波もドワワーとそれなりに前へ(でもワンマンほどの勢いじゃない)
わたしは最前ブロックのいちばん後ろ・藤君を真正面にみあげる
となりの男の子は立ち尽くしながら
「ウソだろ…」のあとに「ていうか  近ぇ」とぼそり
なんだかおかしくてわらってしまった うそみたいだけど現実!
 
MC中の名前を呼ぶ声に
ごめん今俺しゃべってっから とか
いちばん後ろまで見渡して
ちゃんと後ろまで見えてっから とか
あー藤君だなーこんなこと言ってたなーと思って
そんなとこでまたちょっと泣きそうになってしまったり
 
よく考えたらライブハウスは2004年の熊本DRUM Be-9ぶり うわー
ずっと幕張とかフェスとかばっかりだったからなあ
熊本にいたころはツアーの度にZepp Fukuokaまで通っていたから
場所は違えどまたZeppでみることになってなんだか懐かしかったです
 
ガラスのブルース中盤の♪ガラスの目を持つ猫は星になったよ〜のところ
最近は合唱でしか聴いていなかったけどこの日は藤君が自分で歌い上げた
ことばひとつひとつをていねいに辿る強い声がうれしかった
おかえりおかえり また会えたねー
あいかわらずの細さだけど元気そうだねー
 
BUMP OF CHICKENはやっぱりとくべつなんです
 
1.乗車権
2.涙のふるさと
3.真っ赤な空を見ただろうか
4.天体観測
5.ガラスのブルース

23:55 | - | - | - |
スポンサーサイト
23:55 | - | - | - |
<< NEW | TOP | OLD >>